▼ 学部学科情報

学部学科名 課程 学問系統
工学部 電気学科 電気工学専攻 電気・電子工学  資源・エネルギー工学
工学部 電気学科 電子情報工学専攻 電気・電子工学  情報工学  通信工学
工学部 応用化学科 応用化学専攻 化学  材料工学
工学部 応用化学科 バイオ環境化学専攻 化学  環境(工学系)
工学部 機械学科 機械工学専攻 機械工学  材料工学  生産・システム工学
工学部 機械学科 機械創造工学専攻 機械工学  材料工学  情報工学
工学部 土木工学科 土木工学専攻 都市工学  建築工学  土木工学
工学部 土木工学科 防災土木工学専攻 都市工学  土木工学
工学部 建築学科 建築学専攻 都市工学  建築工学  土木工学
工学部 建築学科 住居デザイン専攻 都市工学  建築工学  住居学
経営学部 経営学科 経営情報システム専攻 商学  情報(社会系)  経営学
経営学部 経営学科 スポーツマネジメント専攻 商学  情報(社会系)  経営学
情報科学部 情報科学科 コンピュータシステム専攻 情報(コンピュータ系)  情報工学
情報科学部 情報科学科 メディア情報専攻 情報(コンピュータ系)  画像・音響工学  デザイン
記号 :昼間部 :夜間部 昼夜:昼夜開講制 通信:通信制(通信教育特集あり
 :学部学科新増設 :改組再編 / 名称変更
学問系統リンク:学問ナビ(学ぶ内容の解説)

▼ 個別学部学科備考

■電気学科
21世紀の我が国の産業の発展を担うのにふさわしい、豊かな知性と人間性を備えた電気及び電子情報技術者・研究者を育成します。
◎電気工学専攻
新エネルギーや発電技術、また、パワーエレクトロニクスなど電気に何する最新領域を学びます。
◎電子情報工学専攻
電子情報通信分野の基礎から最新研究領域まで、ハードとソフトの両面から実践的に学びます。

■応用化学科
1、2年生では、現代の科学技術を支える化学分野(無機化学、有機化学、分析化学、物理化学、高分子化学、生物化学など)の基礎知識を身につけ、3、4年生では、各分野のより高度な専門性を養います。
◎応用化学専攻
エネルギー材料化学や先端化学など、基礎と高度な応用を学ぶ、新物質の創成をめざします。
◎バイオ環境化学専攻
生命環境をキーワードに、生命の機構と機能の解明を学び、センサや新薬の創成をめざします。

■機械学科
創造力と探究心を持った未来のエンジニアを育て、愛知が誇る「ものづくり」産業をさらに飛躍させます。
◎機械工学専攻
機械工学の基礎技術から、マイクロ・ナノ光学、バイオメカニクスなどの最新領域までを学びます。
◎機械創造工学専攻
航空宇宙、自動車、ロボットなどを中心に機械工学を学び、総合力のすぐれたエンジニアをめざします。

■土木工学科
暮らしを支え、環境を見つめ、人と国を守る土木技術を、実習と実践的な教育・研究から身につけます。
◎土木工学専攻
環境に負荷をかけない社会基盤の在り方を考え、環境に調和した持続的な未来社会の実現につながる、企画、設計、施工を学びます。
◎防災土木工学専攻
自然災害から暮らしを守り、安心・安全な社会を実現する知識と実践力の修得をめざします。地域防災力を高める研究も必須です。

■建築学科
住宅から都市計画まで、建築の広範な領域に触れ、社会のニーズに応えうる建築技術者を育てます。
◎建築学専攻
芸術性、機能性、安全性のすべてを備えた理想の建築物の実現をめざし、高度な実践力を養います。
◎住居デザイン専攻
個人住宅や集合住宅の設計、インテリアからまちづくりまでゆう環境を創造するプロを育成します。

■経営学科
グローバル社会、IT化といった時代の潮流を捉えた経営学をものづくり、情報技術、スポーツを切り口に学びます。
◎経営情報システム専攻
企業を運営する上での情報処理と、情報技術を活かした経営を学修し、社会に貢献できる力を養います。
◎スポーツマネジメント専攻
スポーツイベントやスポーツチームの経営、また、生涯スポーツの取り組みを成功に導くための知識を実践力を養います。



■情報科学科
世界という広大なフィールドに羽ばたくソフトウエア技術者とデジタルメディアクリエイタを養成します。
◎コンピュータシステム専攻
パソコンやスマートフォンなどに使われているソフトウェアや、金融システムなどに代表されるシステムを創造できる実践力を養います。
◎メディア情報専攻
日本最高水準の設備環境を駆使し、CGクリエイターやWebデザイナーなどデジタルメディアのプロを育成します。

全部開く全部閉じる

関連情報:学部学科

比較検索
分野系統別(主要)
学部別
最終確認はご自身で
大学案内情報はナレッジステーション調べのものです。正確を期すよう努めていますが、各種変更をリアルタイムに表示しているものではありません。該当校の最終確認はご自身で行うようお願いいたします。