東京電機大学

▼ 学部学科情報

学部学科名 課程 学問系統
システムデザイン工学部 情報システム工学科  情報工学  生産・システム工学
システムデザイン工学部 デザイン工学科  生産・システム工学  デザイン
未来科学部 建築学科  建築工学
未来科学部 情報メディア学科  情報科学  マスコミ学・メディア学  通信工学
未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科  機械工学  情報工学
工学部 電気電子工学科  電気・電子工学
工学部 電子システム工学科  生産・システム工学  電気・電子工学
工学部 応用化学科  化学  資源・エネルギー工学
工学部 機械工学科  機械工学
工学部 先端機械工学科  機械工学
工学部 情報通信工学科  通信工学  情報工学
理工学部 理学系  数学  物理学  化学
理工学部 生命科学系  生命科学  環境(工学系)
理工学部 情報システムデザイン学系  情報科学
理工学部 機械工学系  機械工学
理工学部 電子工学系  電気・電子工学
理工学部 建築・都市環境学系  機械工学  建築工学  都市工学
工学部第二部 電気電子工学科  電気・電子工学
工学部第二部 機械工学科  機械工学
工学部第二部 情報通信工学科  通信工学  情報工学
記号 :昼間部 :夜間部 昼夜:昼夜開講制 通信:通信制(通信教育特集あり
 :学部学科新増設 :改組再編 / 名称変更
学問系統リンク:学問ナビ(学ぶ内容の解説)

▼ 個別学部学科備考

本学部は、今後ますます高度化する情報社会の基盤となる情報システム工学、今日のさまざまなものやシステムのように複合領域の知識と技術を必要とする「ものづくり」を支えるデザイン工学、の2分野が協働した「工学と人間科学からの価値創造」を理念とします。
本学部では、この両分野でエンジニアとして創造的に活動するために必要な知識と技術を修得できます。具体的には、実社会で求められる専門的な知識・技術に加えて、刻々と変化する状況を自ら正確に理解する「考える力」と、それに基づいて問題を解決する「実現する力」の修得を目指します。そのため、豊富に設定されたアクティブラーニングを実践するPBL科目および実習、演習科目を通して、課題解決に必要かつ的確な情報を収集し分析する能力、論理的に思考する能力、そしてそれらを実現する能力、を身につけます。

未来科学部の教育理念は、「プロの能力、豊かな教養」です。各学科独自の教育システムのなかで、それぞれの専門分野の中で自ら問題を発見し、解決することができる高度な技術者としての「プロの能力」を身につけます。また、学部を構成する他学科の分野の履修も想定したカリキュラムによって、未来の生活空間のデザインに必要な幅広い知識を身につけます。さらに、専門分野の高度な知識と社会が期待する即戦力としての実力を身につけるために、大学院修士課程のカリキュラムの先取り履修や実務経験プログラムなど効率のよいシステムを活用できます。

工学部では、手厚いサポートのある基礎教育、充実した実験、実習、ワークショップ、さらに幅広い専門科目と卒業研究の3段階で教育課程を編成しています。全学年を通じて用意された、「実験・実習」で、講義で修得した知識の理解を深め、かつ基礎技能を体得します。そして、充実した「ワークショップ」や「キャリア関連科目」などの参加型科目を通して技術者として実社会で活躍できる力を体得します。低学年次では工学の基礎知識・技能をしっかりと修得し、さらに社会人としての基本的な素養やキャリア意識、および技術者として必要な倫理観を身につけます。高学年次では、現代的なニーズを意識した幅広い専門科目群から自分の興味関心やキャリアデザインに合った科目を選択し、専門性を深めます。また、卒業研究の過程を通じて創造的学習活動を展開し、他分野で課題を解決できる技術者としての第一歩を踏み出します。

本学部では、優れた科学技術者となるためには、“幅広く、より専門的に”学ぶことによる幅の広い人間性が必要であると考えています。この理念のもと、興味・関心に応じて選択できる人文・社会科学の科目や語学を学ぶことで、幅広い人間性を身につけます。また、「主コース・副コース制」によって専門性の幅を拡げることができます。この制度は、欧米の大学で導入されている「ダブルメジャー」「メジャー&マイナー」といった制度に該当します。授業科目としては、おおよそ主コース45%、副コース15%、共通科目40%を目安に履修します。
※6学系16コースの中から主コースを決めて副コースを選択
専門分野に特化した知識技術に加えて、分野を融合した学びによって「変化」に直面しても自ら発想・解決していける基礎力を磨きます。

実社会で真に必要とされる、高い能力を備えた技術者・研究者となるための学びを展開します。一人ひとり異なるライフスタイルにも対応できる充実したカリキュラムを支えるのは、工学部(昼間部)の教授陣。実験や実習に重点を置く「実学尊重」の精神のもと、工学の基礎と実践的な技術の習得、広い視野を育てることをめざします。働きながら学ぶ熱意ある学生のため、少人数制のきめ細やかな教育の実施、各種サポートシステムの導入といったバックアップ体制も整えています。

※工学部第二部 社会人課程(実践知重点課程)
工学分野の基礎から応用を学びつつ、実践知に重きを置いた学びができる社会人のための課程です。
主に企業出身の教員による実践知重点科目を学び、ものづくりの現場で適切な判断を下せる実践知を磨きます。社会経験を有する学生の特長を生かし、さらなるスキル・キャリアアップを図る教育課程です。電気電子工学科、機械工学科、情報通信工学科のいずれの学科でも入学後の申請となります。

全部開く全部閉じる

関連情報:学部学科

query failed.UPDATE `counter_log_daigaku` SET `div` = `div` + 1 WHERE `scode` = '10423' AND `tgyyyy` = '2019' AND `tgm` = '6' LIMIT 1