▼ 学部学科情報

学部学科名 課程 学問系統
社会学部 人間心理学科  心理学  社会学  人間(社会系)
社会学部 現代社会学科  観光学  スポーツ・健康科学  文化人類学
社会学部 経営社会学科  経営学  被服学  音楽
メディアコミュニケーション学部 マス・コミュニケーション学科  マスコミ学・メディア学  芸術・その他  コミュニケーション学
メディアコミュニケーション学部 情報文化学科  マスコミ学・メディア学  外国語  情報(コンピュータ系)
メディアコミュニケーション学部 こどもコミュニケーション学科  児童学  教育学  人間(人文系)
記号 :昼間部 :夜間部 昼夜:昼夜開講制 通信:通信制(通信教育特集あり
 :学部学科新増設 :改組再編 / 名称変更
学問系統リンク:学問ナビ(学ぶ内容の解説)

▼ 個別学部学科備考

■人間心理学科
心理学に関する基礎的な用語、調査・研究手法を身につけ、発達心理・社会心理・臨床心理や脳科学・生理学の諸領域から人間の心への科学的なアプローチを学ぶ。3年次から公認心理師コース、認定心理士コース、認定心理士(心理調査)コースを選択し、人間・社会に関わる専門的な研究に取り組む。

■現代社会学科
制度(しくみ)と地域社会(ひと)と資源(モノ)の3つの視点から現代社会を捉えるための基礎的な知識を学んだ上で、フィールドワークを通して調査力を身につけ、諸課題の解決に向けて主体的に取り組む力を身につける。自身の研究テーマを通して発見力・考察力・マネジメント力・解決力を養う。

■経営社会学科
経営と経済の理論と各業界の専門知識・スキルを学び、ビジネスに役立つ企画力・表現力・実行力を養う。企業・経営コース、会計・金融ビジネスコース、音楽・ファッションコース、スポーツビジネスコースを選択、2年次には演習・実習で実践的に、3年次にはゼミで専門性を高める研究に取り組む。

■マス・コミュニケーション学科
メディア学とコミュニケーション学を中心に理論を学び、演習・実習で映像や雑誌制作、商品やイベント企画などに実践的に取り組む。3年次からコミュニケーションビジネスコース、ジャーナリズムコース、エンターテインメントコースを選択し、さらに専門的な学習と実践に取り組む。

■情報文化学科
ICTと英語を学びグローバル社会で活躍できる力を身につける。1年次は情報学と英語の基礎を学び、2年次以降はコースを選択。情報システムコースは、プログラミングやネットワーク、アルゴリズムなど、情報デザインコースはWebデザインやWebアプリ開発など、国際コミュニケーションコースは4技能の応用と実践など、専門的に学ぶ。

■こどもコミュニケーション学科
保育士資格と幼稚園教諭一種免許状を卒業時に取得。保育学と幼児教育学を中心に、教育学や福祉学、心理学など学び、子どもについて深く理解する。書くこと・話すことに加えて実技(歌う・演奏する・演じる・つくる)を身につけ、子どもたちが持つ可能性を引き出す実践力を養う。実習プログラムは1年次から始まる。


全部開く全部閉じる

関連情報:学部学科

比較検索
分野系統別(主要)
学部別
最終確認はご自身で
大学案内情報はナレッジステーション調べのものです。正確を期すよう努めていますが、各種変更をリアルタイムに表示しているものではありません。該当校の最終確認はご自身で行うようお願いいたします。