大学で学ぶこと、一つひとつ解説学問ナビ

学問ナビ表示
被服学家政

被服学

被服学で学ぶこと

被服について、文化的なことから化学的なことまで、トータルに学ぶのが「被服学」です。被服の勉強というと、服飾デザイナーになるための勉強というイメージが強いかもしれません。もちろん、デザインや制作の技術も被服学の大きな分野ですが、被服には、寒さや暑さから身体を保護するという目的や、制服など特定の立場や場面で着用する被服があるといったシンボルとしての意味があるなど、被服学の世界は広く、奥深いものです。
被服を製作するにあたっては、デザインだけでなく、繊維など素材に関する知識や、素材となる糸や布の特長や染色に関する知識、縫製に関する知識や技能も必要です。デザインを型紙に落とす技術も必要です。「アパレルCAD」というコンピュータ画像によるデザイン手法の習得も行ないます。
ほかに被服学では日本や西洋の服飾の歴史や時代と被服の関係、舞台や映画など特殊な場面での被服のあり方といった理論を学びます。また、私たちは服を着て仕事をしたり遊んだりするわけですから、動きやすい被服を製作するために、人体の構造や動き、発汗など人間の身体についても学びます。さらに、被服の洗濯、保管、整理の方法など、被服を衛生的で快適に、使いやすく保つための手法も学びます。
こうした分野に加え、最近では「ファッション販売論」「アパレル設計・生産論」などを履修することで、ファッションビジネスで活躍できる人材育成を目指している学科やコースもあります。

学部・学科選びのヒント

被服学は、家政系の学部や、教育系の家庭科関連の学部にある被服・服飾学系の大学・短大・専門学校や、美術大学のテキスタイルデザインを扱う分野などで学ぶことができます。

大学検索

目次:学問ナビ