大学で学ぶこと、一つひとつ解説学問ナビ

学問ナビ表示
スポーツ・健康科学保健

スポーツ・健康科学

スポーツ・健康科学で学ぶこと

適度な運動は健康の維持増進に効果的です。また、スポーツをしたりスポーツ観戦を楽しんだり、あるいはスポーツ選手を目指すなど、運動やスポーツは私たちの暮らしを豊かにしてくれます。
このスポーツと健康について、体に負担がかからないように効率よくトレーニングする方法を学んだり、人間が健康になるためのスポーツのあり方を学んだり、スポーツの楽しみなど社会的意義を学んだりする学問が、スポーツ・健康科学で、「スポーツ科学」と「健康科学」を分け考える場合もあります。
「スポーツ科学」とは、スポーツに科学的にアプローチする分野で、運動をすると人間の体内でどのような変化が起こるか、臓器、筋肉、骨などの機能がどのように向上していくかを科学的に検証します。研究にあたっては人体の解剖学や生理学、栄養とスポーツとの関係、データの分析などに関する知識や技術も必要で、科学的根拠に基づいたトレーニング方法なども研究します。スポーツ選手を目指す場合は自分自身の技術や身体能力の向上につながりますし、より科学的に指導できるスポーツコーチを目指してスポーツ科学を学ぶ人もいます。
また、身体の発達の仕組みを学んだり、心と身体、運動と心身の関係を多角的に捉らえて研究したり、幼児期から老年期までの身体の変化をふまえた上で、より望ましいスポーツのあり方を考え、学校教育や社会教育の中で、人々に身体の大切さを伝えていく分野もあります。
ほかに、人生や生活とスポーツとの関係について学ぶ領域もあります。近年大人だけでなく幼児や小学生でも問題となっている生活習慣病の予防や改善と運動について考えるのもこの分野の研究テーマです。

学部・学科選びのヒント

大学によってスポーツ系の学部に入っていたり、教育学、人間学部、工学部に置かれていたりするなど、違いが見られます。よって、学部・学科の名称だけでなく、コースや専攻、講座まで調べて学校を選びましょう。また、リハビリテーション関係や臨床検査技師などの育成を目指す学部の中に、健康科学の名称のついた学部もあります。

大学検索

目次:学問ナビ