茨城キリスト教大学

▼ 学部学科情報

学部学科名 課程 学問系統
文学部 文化交流学科  文化人類学  国際(人文系)  観光学
文学部 現代英語学科  外国語
文学部 児童教育学科 [児童教育専攻、幼児保育専攻] 教育学  福祉学  児童学
生活科学部 心理福祉学科  福祉学  心理学
生活科学部 食物健康科学科  食物学  家政学・生活科学
看護学部 看護学科  看護学
経営学部 経営学科  経営学
記号 :昼間部 :夜間部 昼夜:昼夜開講制 通信:通信制(通信教育特集あり
 :学部学科新増設 :改組再編 / 名称変更
学問系統リンク:学問ナビ(学ぶ内容の解説)

▼ 個別学部学科備考

■文化交流学科
現代は国際化が進み、地元と諸外国が同じ一つの世界として等しくとらえられるようになってきました。そんな今の社会において活躍するために求められるのが、多様な価値観を受け入れることのできる広い視野です。文化交流学科では、この素養を育むために、国内外のさまざまな文化に直接ふれ、多くの価値観を体験していきます。

■現代英語学科
英語はコミュニケーション・ツールとして、また学問の対象やビジネスの武器として、さまざまな分野に役立てることが可能。あなたは将来、英語を使って、どのような社会人になりたいと考えていますか?現代英語学科では、自分の目標や興味に合わせて、実践的なスタイルで英語力を高めていくことができます。

■児童教育学科 児童教育専攻
教育現場では、子どもの心に寄り添い、彼らと同じ目線に立てるやさしさや感性を備えた教員が求められています。児童教育専攻では、体験型の授業や、心理学的手法を重視した学びによって、心と頭と身体をバランス良く練成。 子どもの健全な成長をうながすことのできる教育者へと育てていきます。

■児童教育学科 幼児保育専攻
地域の子どもたちとふれあいながら、理論と実践の双方を、4年間かけてじっくりと積み上げていきます。豊富な体験型学習と併せて、子どもの心身の発達についても深く学ぶことができるため、確かな実践力と、子どもたちから愛される人間性を兼ね備えた、保育・幼児教育のプロへと成長していけます。

■心理福祉学科
心理と福祉の両面から人をサポートすることを学び、興味や目標に合わせて専門性を深めていけるのが、心理福祉学科の特徴です。福祉の知識を持つ心理のスペシャリスト、心の通ったケアのできる福祉の専門職として、支援を受ける全ての人々を笑顔にできるような人材の育成をめざしています。

■食物健康科学科
人間が健康を維持するための基本は、栄養バランスに優れた適量の食事を規則正しくとること。食物健康科学科ではこの基本を守り、健康的な食生活が送れるように、人々をサポートする人材を育成しています。栄養、食の安全、食育に精通したプロフェッショナル養成のため、充実のカリキュラムと設備を調えています。

■看護学科
社会では今、病院だけでなく、高齢者施設での看護や在宅での支援といった、身近な看護へのニーズが高まっています。求められるのは、心の通ったケア。看護学科では、少人数教育による丁寧な指導を通じて高度な専門知識・技術と、豊かな人間性を備えた看護の専門職者を育てます。

■経営学科
国際社会と地域社会の期待とニーズに応じた優れた人材の輩出を目標に、2017年度から新カリキュラムをスタートさせました。高い教養や人間性と、幅広い経営学の知識、専門性を身につけた、社会活動に貢献できるビジネスリーダーの育成をめざします。

全部開く全部閉じる

関連情報:学部学科