津田塾大学

▼ 学部学科情報

学部 学科名 教育課程 学問系統と大学一覧
学芸学部 英語英文学科(2019年4月 英文学科より名称変更予定)  昼間部  外国語  外国文学  言語学  
学芸学部 国際関係学科  昼間部  国際(社会系)  国際(法律・政治・経済系)  
学芸学部 多文化・国際協力学科(2019年4月開設予定)  昼間部  国際(人文系)  国際(社会系)  
学芸学部 数学科  昼間部  数学  
学芸学部 情報科学科  昼間部  情報科学  
総合政策学部 総合政策学科  昼間部  国際(法律・政治・経済系)  情報(社会系)  人間(社会系)  

▼ 学部学科備考

学部学科備考 ■学芸学部
学芸学部は5学科からなる学びの体系を持っています。学生は英語英文学科、国際関係学科、多文化・国際協力学科(仮称)、数学科、情報科学科のいずれかに所属し、学年が上がるにつれて学科ごとに専門性の高い学習に取り組んでいきます。

▼英語英文学科
1・2年次の英語学習では、少人数クラスで、聞く・話す・読む・書くを徹底的にトレーニング。続く専門分野を深める6つのコース(イギリス文学・文化、アメリカ文学・文化、英語学、英語教育、異文化コミュニケーション、Japan Studies English )では、世界へと情報発信できる豊かな教養と専門性を身につけた女性の育成をめざしています。また特設プログラムとして翻訳・通訳プログラム、Teachers of Excellenceプログラムを設けています。

▼国際関係学科
1年次で専門分野を視野にいれた基本科目とセミナーを通して「学び方」を身につけ、2年次のセミナーでは英語の文献を使い、専門分野の基礎知識と語学力を養います。コースは「グローバル国際関係」、「地域・文化」、「国際日本」の3つ。授業科目は、社会科学、人文科学の諸分野と世界の諸地域を広くカバーしており、広い視野を持って専門分野の学習や研究を深めていくことができます。

▼多文化・国際協力科学科
社会構造や文化の違いから引き起こされるさまざまな問題に対し、フィールドワークやセミナーでの学びを通して培われた実践的な英語力とコミュニケーション能力、高度な専門知識と分析力を駆使しながら、よりよい「共生型」社会をつくるためのアプローチを提案できる人材を育成します。2年次から「多文化共生」「国際協力」「国際ウェルネス」の3つのコースのいずれかに所属し、3〜4年次にかけて全員がフィールドワークを行い、より実践的な課題解決力を養います。

▼数学科
数学科では特に科学技術の基礎となる数学的な考え方、論理的思考法を身につけていきます。1・2年次に学んだ数学の幅広い分野を基礎に、3・4年次ではより興味のある専門を深く実践的に探求します。少人数授業により代数学、幾何学、解析学、応用数学、境界領域の5つの分野に分かれて高度な学びを追究します。

▼情報科学科
システム、ネットワーク、メディア、コミュニケーション、数理モデルの5分野を網羅した科目群、「津田塾の英語」の実績をもとに情報科学分野に特化した英語教育、創造力と実践力を養うプロジェクト形式の科目など、専門性を高めるカリキュラムが特徴です。

■総合政策学部
▼総合政策学科
高度な英語力とデータ分析力を備えた、リーダーシップを発揮できる女性の育成をめざします。英語、ソーシャル・サイエンス、データ・サイエンスの3つを学習の土台として必修化。PBL(Project-Based Learning:課題解決型学習)の手法を用いながら、学生自ら課題を発見し、その解決に向けて調査・研究を行うといった主体的な学びを展開します。3年次に選択するコースとして、「パブリック・ポリシー」「エコノミック・ポリシー」「ソーシャル・アーキテクチャ」「ヒューマン・ディベロップメント」の4つの課題領域を設定し、実践的な課題解決能力を養成します。

▼ 大学へのお問い合わせ

連絡先 企画広報課
電話 042-342-5113
FAX 042-342-5121
電子メール kouhou@tsuda.ac.jp
津田塾大学はナレッジステーション/日本の大学に詳細情報(左段インデックスからご利用ください)を掲載しています。本学に関する質問は電話、または電子メールで遠慮なくお問い合わせください。資料請求も可能です。
津田塾大学のホームページをご覧になる時はこちら(学校基本情報に掲載)からご利用ください。