日本医療大学

▼ 学部学科情報

学部学科名 課程 学問系統
保健医療学部 診療放射線学科  リハビリ・放射線・臨床検査等
保健医療学部 看護学科  看護学
保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 リハビリ・放射線・臨床検査等
保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 リハビリ・放射線・臨床検査等
記号 :昼間部 :夜間部 昼夜:昼夜開講制 通信:通信制(通信教育特集あり
 :学部学科新増設 :改組再編 / 名称変更
学問系統リンク:学問ナビ(学ぶ内容の解説)

▼ 個別学部学科備考

■診療放射線学科
~現代医療のフロント、放射線医学を担う診療放射線技師の育成~
平面から立体へ、画像診断からがん治療へ。より精緻に、より細密に。診療放射線学は医学の中でも発展著しい領域です。実際の医療現場と同様の学内実習設備など充実した学修環境の中で、少人数教育により、日進月歩の診療放射線学に柔軟に対応できる科学的思考力と問題解決能力を養います。

■看護学科
~人びとの健康な暮らしと社会を支える実践科学~
看護学は、人がよりよく生きることを支える実践科学です。人間が病むこと、人間がより健康に生活するための課題を問い続けるとともに、人びとの健康の保持・増進と健康障がいをもつ人びとへの生活を支援する看護師に必要な教科目を配置しています。

■リハビリテーション学科 作業療法学専攻
~障がいがあっても、自立した生活をサポートする作業療法士~
作業療法は日常動作のリハビリテーションを通して自立した生活をサポートします。超高齢社会に対応し、医療チームの一員として認知症対策を含む高齢者の生活環境、社会環境の改善まで指導できる作業療法士の育成を行っています。

■リハビリテーション学科 理学療法学専攻
~身体能力の回復によって医学と社会の橋渡しをする~
理学療法は、加齢や疾病、事故などによって損なわれた身体能力を回復するリハビリテーションです。医学と社会生活の橋渡しをするもので、医療人としての人間性と高度な医療知識が求められます。本専攻では、前身の専門学校が積み上げてきた育成ノウハウの上に、大学としての高度な教育、演習を通して問題解決力、科学的思考力を養います。

全部開く全部閉じる

関連情報:学部学科