尚絅学院大学

▼ 学校概要

学校概要 Passion with Mission ~熱い心、響かせる~

今、世界中で、「第4次産業革命」が急速に進行しています。その先にあるソサイエティ5.0と言われる時代に問われるのは、「知識の量」ではなく、「知識を何のために、どう使うか」であり、時代の要請に応えて「何ができるのか」ということです。

そして、実は、これは、尚絅学院が明治25年の創立以来大切にしてきた教育理念でもあるのです。尚絅学院の初代校長アニー・ブゼルは、明治42年に河北新報に寄せた一文の中で、次のように述べています。

「そもそも教育とは・・・単に物知りであるという男子女子を養うのでなくて、かえって働ける人物、すなわち自己の生存する時代の要求に応ずることのできる者を養うことであります。」

この尚絅の伝統をより良く実現するために、本学では、2019年4月から新しく3学群5学類体制を導入します。そして、皆さんが、「これこそが自分の生きる道(ミッション)」と自信を持って言えるものを見出し、その使命の達成をめざして熱い心(パッション)をもって生き抜いていけるよう、知識を課題解決に活かすことができる学びの実現を目指します。

私たち尚絅学院大学のスタッフは、今日も熱い心で皆さんのチャレンジを待っています。
(大学ホームページ 学長の挨拶をご案内しています)

■教育の特徴
総合的人間力の育成 ─教養・協働・行動─
自然あふれるゆりが丘の地にあるコンパクトなキャンパスには、6つの学科があります。多様なバックグラウンドを持った学生が集い、互いを認め、尊重し、協働する環境の中で、総合的人間力の育成をめざします。

身近な距離感
少人数クラスによる実験や実習、ゼミナールなどの授業では、学生と教員がお互いを理解し合い、学びを深めることができます。教職員が労を惜しまず、個々の学生の声に耳を傾け、手を差し伸べる丁寧な教育を行っています。担任制によるきめ細やかなサポート体制も整っています。

実践を通して学ぶ
すべての学科において「実践を通して学ぶこと」をモットーとし、実習・実験・演習・フィールドワークなどの課題解決型の学習方法を多く取り入れています。また、国内、国外でのインターンシップや国際交流、企業見学会、ボランティア活動、さまざまなイベントの企画・参加など、多種多様な体験を通して、社会で活躍する職業人としての実践力を身につけます。

東北の発展を支える
東北地方の社会経済的発展と、被災した多くの人々の生活と心の復興のために尽くすことができる「東北の力になる人材」を育成することをめざします。2016年度にスタートした国際教養コースに加えて、新たな学科横断型コース「地域実践コース」が設置されました。

▼ 関係校

学校名 学校種 地域
尚絅学院大学大学院 大学院 宮城県
尚絅学院大学 大学 宮城県
尚絅学院高等学校 高校 宮城県
尚絅学院中学校 中学校 宮城県

▼ 歴史沿革などのホームページ案内

▼ 大学生涯学習公開講座

生涯学習 尚絅学院大学 生涯学習
コメント エクステンションセンターは、本学の持つ教育資源を社会や地域へ積極的に開放し活用していくために設置された組織で、地域貢献や生涯学習、国際交流に関する事業を行っています。

関連情報:学校概要