麻布大学

▼ 学校概要

学校概要 地球共生系~人と動物と環境の共生をめざして~
相模原市にある麻布大学は明治23年(1890年)9月、輿倉東隆が、東京市麻布区本村町(現、港区南麻布)に開設した「東京獣医講習所」を前身とし、2020年に創立130周年を迎えます。
獣医学専科として長い歴史を歩んできた麻布大学に、環境保健学部が開設され研究エリアが大きく広がりました。

現在、獣医学部に獣医学科・動物応用科学科、生命・環境科学部に臨床検査技術学科・食品生命科学科・環境科学科の2学部5学科を擁する麻布大学は、獣医臨床センター、産業動物臨床教育センターなど、各種の恵まれた研究施設を完備しています。
その中で、「地球共生系~人と動物と環境の共生をめざして~」を教育理念に、人と動物、環境の新しい融和をめざし、獣医学と生命科学それぞれの視点から、「いのち」を取り巻く今日的課題に挑戦しています。


▼ 動画学校案内

ここで紹介する動画は学校案内(コマーシャル含む)のものです
登録日 2019年05月16日
学校動画 学校の動画まとめページがあります
動画URL 麻布大学の動画案内ホームページ

▼ 関係校

学校名 学校種 地域
麻布大学大学院 大学院 神奈川県
麻布大学 大学 神奈川県
麻布大学附属高等学校 高校 神奈川県

▼ 歴史沿革などのホームページ案内

▼ 大学生涯学習公開講座

生涯学習 麻布大学いのちの博物館
コメント 麻布大学は獣医学の学校から始まり、現在では環境にも取り組む大学になりました。大学で研究を行うと標本をはじめとする学術的に価値のある資料が生まれます。また、教育のための教材もあります。これら学術資材を博物館で長年保管することは、大学の使命のひとつで、麻布大学にとっても長年の夢でした。その博物館が、創立125 周年に本学の目的を象徴する「いのち」の博物館という名前で設立されることは、大きな喜びです。麻布大学いのちの博物館では、先人が残された貴重な遺産を継承するとともに、(1)研究内容、(2)動物標本、(3)歴史資料を広く社会に紹介します。

関連情報:学校概要

query failed.UPDATE `counter_log_daigaku` SET `outline` = `outline` + 1 WHERE `scode` = '10547' AND `tgyyyy` = '2019' AND `tgm` = '6' LIMIT 1