▼ 学校基本情報

学校名 東京家政学院大学
学校区分 大学
設置区分 私立
所在地 東京都町田市相原町2600
地図 地図を見る登録キャンパス数(2
関係校 関係校(学校概要)

▼ 学校ホームページ情報

▼ 学部学科情報

学部:登録学部数(2
  • 現代生活学部
  • 人間栄養学部

▼ 入試情報

総合型選抜 共通テスト 推薦型選抜 社会人選抜 帰国生選抜 一般選抜

▼ 奨学金支援制度

学校独自の奨学金制度(給付型)、入学金学費減免制度(全額または一部)、特待生制度

▼ メッセージ

メッセージ 大学は自分の目標を見つけ、社会に出る自分の姿を思い描き、学び続ける「場」(東京家政学院大学学長 廣江 彰) 

みなさんはイソップ寓話の「ウサギとカメ」、知っていますね?
足の速いウサギが遅いカメと競争し、先を行ってカメを待つ間に居眠りをしてしまったので、目が覚めたらカメは既にゴールしていた、というお話しです。
明治時代の初等科教科書に「油断大敵」という題で載っているそうです。

でも、ちょっと視点を変えるとどうなるのか?
ビジネスジョークでは、ウサギがカメに油断したから負けた、ではなくウサギはカメを見て走っていたが、カメはずっとゴール(目標)を見て歩んだから。
お分かりでしょうか?他者がどうするではなく、自分のゴール、あなた自分の目的や目標を見続けることが大切だ、という「教訓」です。これから大学生となり、社会に出て、その後の長い人生を過ごすみなさんにとって、しっかりと「ゴールを見続け」、自分が辿る道を見つけるために大学で学ぶ、に相応しいお話しですね。

ウサギと言えばイギリスのピーターラビット。子ウサギのピーターがいたずらで農場主マグレガーさんに追いかけられる「冒険談」です。作者ビアトリクス・ポターはこのお話しを1901年に私家版、翌02年には出版社から刊行しています。

1902年は本学創設者の大江スミが文部省(今の文部科学省)の国費留学生としてイギリスに渡った年。エリザベス王朝が終わり社会は大きく変わる節目でした。
ピーターラビットの田園風景とは対照的に、近代工業の発展と共にロンドンなど大都市には働く女性の姿も目立ち、社会や家族、生活様式も大きく変貌します。大江スミは、時代転換の渦中で「家政学」を学ぶことになったのです。本学教育理念のKVA、つまりKnowledge(知識)、Virtue(徳性)、Art(技術)はその時代転換の中から大江が導き出したものだと、私は理解しています。

AI(人工知能)によって変貌するこれからの社会。その渦中で自分のゴールを見続ける、そうしたあなたのコーチ役を、本学の教職員が喜んで引き受けます。

お問い合わせ

学校名 東京家政学院大学
電話番号 042-782-9411
担当部署 アドミッションオフィス
最終確認はご自身で
大学案内情報はナレッジステーション調べのものです。正確を期すよう努めていますが、各種変更をリアルタイムに表示しているものではありません。該当校の最終確認はご自身で行うようお願いいたします。