▼ 学部学科情報

学部学科名 課程 学問系統
医療科学部 臨床検査学科  リハビリ・放射線・臨床検査等
看護学部 看護学科  看護学
健康栄養学部 管理栄養学科  食物学
記号 :昼間部 :夜間部 昼夜:昼夜開講制 通信:通信制(通信教育特集あり
 :学部学科新増設 :改組再編 / 名称変更
学問系統リンク:学問ナビ(学ぶ内容の解説)

▼ 個別学部学科備考

■臨床検査学科
キラリと光る臨床検査技師をめざして
臨床検査技師として必要な知識・技術の修得だけではなく、医療科学者として探究心を大切にし、他の医療チームから高く信頼される臨床検査技師を養成します。国家試験合格をめざす上でも重要な化学、生物学、物理学、数学などの基礎科目は、単純に覚えるだけでなく普遍的な科学の思考法や考え方を身につけ、理解することを重視しています。さらにリメディアル教育も実施し、担当教員が連携し学修を支援します。病院実習は3年次に実施。より高度な検査技術が学べる地域の基幹病院と連携した質の高い実習を行ないます。4年次には突き詰めたい研究テーマを見つけ、担当教員とともに研究を行い、その成果を卒業研究として発表することで、臨床検査技師としての知識を深めるだけでなく、社会人として必要な力も身につけます。

■看護学科
最新の医療知識と高度なスキル、そして豊かな人間性を育み、チーム医療の要となる看護師をめざす
人間への理解を深めながら、医療・看護の知識を学ぶ多彩な授業と2年次から始まる臨地実習との相乗効果により、患者さんの心に寄り添う感性や倫理観、あらゆる疾病に対応できる看護の知識と技術を体験的に修得。本学附属幼稚園での小児看護学実習や、健康栄養学部と連携した栄養ケアの学修など、学院内での交流を活かした学びで、多職種連携に必要なコミュニケーション力を養います。

■管理栄養学科
栄養・医療の幅広い知識と豊かなコミュニケーション能力で、人と向き合い、人生をサポートできる管理栄養士を養成
学生一人ひとりの能力に応じたきめ細かで総合的な教育を行います。医療・福祉分野はもちろん、幅広い分野で専門性を発揮できるよう、食品学・栄養学・医学などの専門知識に加え、食文化や現代の食環境や食習慣への理解を深め、人々の食生活を総合的にサポートできる力を修得するとともに、地域住民や患者さんと向き合って病気を予防・改善するために欠かせないコミュニケーション能力の修得を重視。科学的かつ最新の知識によって体系づけられた人間栄養学を学び、食と健康、そして人そのものを広い視点から理解できる管理栄養士を養成します。

全部開く全部閉じる

関連情報:学部学科