50528

▼ 就職について

就職サポート

高度な知識と技術を身につけたKCGの学生は、なお成長を続けるIT業界からの求人需要とマッチし、就職率は高い水準を維持、継続しています。

就職サポート制度
KCGには、満足できる就職に学生を導くためのサポート制度が整っています。履歴書の書き方や面接練習、企業紹介などの就職活動相談はもちろんですが、学内企業説明会も全てオンラインで対応しているので、自宅で安全に就職活動を進めることも可能です。

| W担任制
クラス担任と進路担任(アドバイザー)の2名が、異なる視点から一人ひとりの学生のサポートを行うKCG独自の制度です。それぞれの学生の個性を把握し、産業界の最新動向や求人情報などに基づいて、適切な個別指導を行います。

| ITを活用した就職活動支援
KCGには年間を通じて多くの求人が寄せられます。求人情報は、Webに随時アップされるので、自宅から確認することも可能です。求人情報以外にも多くの就職関連情報がWeb上の専用ページにアップされています。企業説明会の日程など、就職活動に必要な情報をいつでも閲覧できます。他にもアルバイト求人情報や進学情報、インターンシップに関する情報など、さまざまな情報がアップされています。

ビジネスインターンシップ制度
インターンシップとは、学生が企業に赴き、一定期間、自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験をする制度です。企業での実習を通して、学生は自らの将来の仕事に対する具体的なイメージを持つことができます。KCGでは、企業と連携して独自のプログラムでインターンシップを実施しています。

主な就職先について

卒業生の活躍

京都コンピュータ学院(KCG)は創立以来、常に産業界の要請に応え、時代を担う人材を育成してきました。これまでに輩出した卒業生は約5万人。大学を含めた日本の情報系教育機関として最多の数字を誇っています。

卒業生の活躍の場は、日本IBM、富士通、日本ユニシスなど大手ITベンダーをはじめ、IT化が進む医療分野、教育分野など多岐にわたっています。また、任天堂、カプコン、バンダイナムコエンターテインメント、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)など、ゲーム業界で活躍している卒業生が多いこともKCGの特色です。

自らベンチャー企業を立ち上げる卒業生も多く、KCGで知り合った友人同士で設立し、上場を果たした会社もあります。コンピュータ業界には、100人を超える卒業生が働いているソフトウェア会社が数多くあり、卒業生が組織した「京都コンピュータ学院校友会」は、日本のコンピュータ業界最大の人的ネットワークを形成しています。

就職先等の詳細は案内書/資料をご請求の上、ご確認ください。

▼ 進学について

IT分野の最高峰をめざして京都情報大学院大学への進学

京都情報大学院大学は日本初のIT専門職大学院です。その課程を修了すると「情報技術修士(専門職)」という称号が与えられます。

▼ 学校ホームページ

TELお問い合わせ(入学相談)

京都コンピュータ学院

京都コンピュータ学院の案内書

最新情報

▼ 直近のオープンキャンパス開催日