大学で学ぶこと、一つひとつ解説学問ナビ

学問ナビ表示
農業工学農学

農業工学

農業工学で学ぶこと

農業にとって工学はなくてはならない存在です。たとえば田畑を作るには灌漑設備を整えて水利を確保しなければなりませんが、そのためには土木工学が必要です。また、耕耘機やトラクターなどの農業機械によって農業の生産性は大きく向上しました。世界の食糧問題を解決するには砂漠化の進む地域を農地化するための土木技術や土壌改良技術も必要です。その他、農作物の保存や加工、品質チェック等、農業に関わるさまざまな場面で工学の成果が活かされています。
さらに、農作物生産に不可欠な資源の循環や、農業と自然環境との調和、リモートセンシングによる農地の評価、農作物を農地ではなく工場で育てる研究など、さまざまな研究が行われています。
つまり農業工学は、農学(動植物資源に関する知識)と土木工学、機械工学、その基礎としての化学や物理学など、幅広い学問と関連する非常に学際的な分野であると言えます。

学部・学科選びのヒント

農学部や生物資源学部など農学関係の学部の中の、農業工学や、地域環境工学、生産環境工学など「環境」の名称のつく学科やコースなどで学べることが多いようです。

大学検索

目次:学問ナビ