大学で学ぶこと、一つひとつ解説学問ナビ

学問ナビ表示
地球科学理学

地球科学

地球科学で学ぶこと

地球科学とは、高校までの地学に相当する学問です。宇宙科学(天文学)が宇宙全体の構造や歴史・未来、宇宙を支配する法則を解明する学問であるのに対し、地球科学は私達の星・地球にスポットを当て、その構造や歴史・未来、活動を解き明かそうとするものです。また、地理学は人が暮らす地表の変化や特徴について研究する学問であるのに対し、地球科学は地球の星としてのダイナミックな変化や特徴について研究します。
具体的には、地球科学では、地球はどうやって生まれたのかを太陽系の成り立ちから考えたり、地球は誕生からどのような歴史をたどり、その時々の地球環境はどうだったのかについて研究したりします。また、地球の内部はどのような構造でどんな動きをしているのか?大陸移動など地表(海底も含む)の動きはなぜ起こるのか?それは内部の動きとどのように関係しているのか?地震や火山の噴火はなぜ起こるのか?海流など海の動きはなぜ起こるのか?寒冷期と温暖期などの気候変動、四季や雨季と乾季などの気象変動、エルニーニョ現象などの異常気象はなぜ起こるのか?など、さまざまな研究が行われています。
研究にあたっては、海底も含め地球上に多くの観測点を設けたり、波の伝わり方が物質の固さや温度などによって異なる性質を利用して地震派の伝わり方から地球の内部構造を推測したり、人工衛星からGPS(全地球測位システム)で地殻の変動を計測したり、気象衛星で気象データをとったりと、世界中の研究者が協力して取り組むダイナミックな研究プロジェクトも数多く動いています。
そして私たち人間を含む生物の祖先は、地球上で誕生し、地球環境の変化の中で進化してきました。ですから、地球の歴史を学ぶことは私達自身の進化の歴史を学ぶことでもあります。また、地震や火山活動、台風など気象現象の解明は、自然災害の多い日本に住む私達はもちろん、世界の人々にとって重要な課題であることは言うまでもありません。地球温暖化など地球システムに関わる環境問題や、異常気象の解明も地球科学の研究分野のひとつです。
地球科学は、地球という星について研究するスケールの大きい学問であると同時に、私達自身や私達の生活に密着した学問でもあるのです。

学部・学科選びのヒント

地球科学科や地球惑星科学科など「地球」がつく学科やコース、専攻で学ぶことができます。ほかに地球科学のうち主に地質に注目した「地質科学科」や、大気、海洋、岩石圏などの地球の循環に注目した「物質循環学科」といった名称の学科もあります。地球環境問題に関連する事柄を中心に学びたい場合は「環境科学」関係の学部や学科も調べてみましょう。

大学検索

目次:学問ナビ