大学で学ぶこと、一つひとつ解説学問ナビ

学問ナビ表示
音楽芸術

音楽

音楽で学ぶこと

多くの人の心を動かす芸術のひとつに「音楽」があります。この音楽について、楽器の演奏(器楽)・歌唱・作曲・指揮、理論について学ぶのが「音楽」です。
まず、楽器の演奏技術や表現力を磨くのが「器楽」です。楽器には、オーケストラなどで活躍する打楽器、管楽器、弦楽器のほか、ピアノやオルガンなどの鍵盤楽器、三味線や尺八、琴など日本の楽器、シンセサイザーなどの電子鍵盤楽器などがあります。
「声楽」では、歌唱力を磨くだけでなく、外国の音楽を歌うために「イタリア語」や「ドイツ語」などの語学も学びます。
「作曲」では、曲を作るための理論と技術を学びます。「理論」では「音楽理論」「作曲法」などに加え、それぞれの楽器がどのような音を奏でるかも学びます。また一言で「音楽」と言ってもクラシックやポピュラーミュージック、映画音楽など、さまざまなジャンルがあり、どのジャンルの曲を作曲するかで、理論も実技も異なります。
主にオーケストラを指揮する力を習得するのが「指揮」です。大勢のオーケストラのメンバーを動かすには、「表現力」「説得力」なども大切です。音楽は、同じ曲でも指揮者によってさまざまな表現が可能ですから、指揮者には音楽に対する深い造詣や創造力が求められます。
そして、全ての分野の基本となるのが、「楽理」です。「楽理」とは、和声や音階、楽式といった音楽の理論のことです。
このほか「音楽学」には、「音楽史」や、「音楽教育学」、「音楽心理学」などがあります。また、ストレスを感じている人や自閉症などの人に向けて、音楽を治療に取り入れる「音楽療法」もあります。

学部・学科選びのヒント

音楽を学ぶためには音楽専門の大学や短大、専門学校の音楽関連分野か、教育関連の学部学科にある音楽の分野に進むことになります。また音楽の歴史や宗教と音楽の関係などについて学びたい場合には、人文系の哲学や宗教学などで学ぶこともできます。

大学検索

目次:学問ナビ