専門学校で学ぶ費用

 

専門学校で学ぶ費用

専門学校進学と学校選択。気になるのは費用、いくらかかるのでしょうか。専門学校で学ぶための必要な費用を下記にまとめました(概略)。

 

場面別、必要な費用

受験出願時
出願時にかかる費用(選考料)。

入学時
どの専門学校にも共通するのが学校納付金で内訳は入学金と学費です。学校納付金以外に必要な費用(教科書代や研修費など)もありますが、項目や金額は学校によって異なります。

卒業迄に必要な費用
修業年限によって卒業迄の費用は異なります。修業年限2年制の場合は、1年次は「入学金+学費」。2年次は「学費」。各年次に必要な教科書代などを含めたものが卒業までに必要な費用総額です。夜間部の学費は昼間部と比べて安い傾向が見られます。

 

学校納付金の項目(参考)

学校納付金は教育条件、学校の考えによってその額はさまざまです。学校納付金の主な内訳は授業料、施設費、教材費等で、入学時には入学金が必要となります(下記表は参考のためのもの。金額は示していません)。


出願時から卒業まで

 

費用の確認方法

募集要項に記載されています
学費、納付方法などは募集要項に記載されています。募集要項入手方法は「案内書の入手と資料請求のページ」をご参照ください。募集要項には入試(応募条件含む)、奨学金や学生生活支援制度などの情報も掲載されています。

 

関連情報

自宅から通学。または自活の場合

交通費
自宅から学校までの交通費は通学定期と言っても安くありません。事前に金額を確認しましょう。

自宅外生活(自活)
自宅外とは学生寮やアパート・マンションなどに住んで学校に通うことです。毎月の住宅費や光熱費、食費、交通費などを事前に確認しましょう。学生寮には学校が運営するものと企業が運営するものがあります。

専門学校で学ぶ費用のイメージ図


 

修学支援新制度(高等教育の無償化)

高等教育の無償化(修学支援新制度)とは返済不要の奨学金や学費減免制度のこと。申し込み条件や手続き、減免額などはこちらの「高等教育の修学支援新制度に係る質問と回答(Q&A)」(文部科学省のホームページ)が便利です。

修学支援新制度

修学支援新制度の概要(給付型奨学金、授業料等減免)は文部科学省ホームページのこちらをご参照ください(金額や対象機関分かります)。

 

 

目次:進学ガイド

‣ 専門学校とは(制度解説)
‣ 専門学校調べ(検索)と情報収集
‣ 学校説明会/オープンキャンパスに参加
‣ 専門学校の入試と出願
‣ 専門学校で学ぶ費用
‣ 専門学校の学生支援・奨学金制度


‣ 専門学校進学ガイドトップページ
‣ 日本の専門学校トップページ