専門学校とは

専門学校は専門的な知識や技術能力を修得するための教育機関で規定に従った認可学校です


専門学校は専修学校専門課程設置校

「専門課程」設置校は専門学校と呼ばれます。
「専修学校」には3つの課程があります。

 

専修学校の課程(3)

専門課程=専門学校
高校卒業者または同等基準を卒業した人を入学対象者とします。
高等課程=専修学校高等課程
中学校卒業者または同等基準を卒業した人を入学対象者とします。高等専修学校は高校と並ぶ中等教育機関とし位置づけられています。
一般課程=専修学校一般課程
入学に学歴を問いません。誰でも自由に、専門的な知識・技術を学べる特色があります。

 

専修学校とは

職業教育~専門的な知識、技術能力の教育~
「専修学校は職業または実際の生活に必要な能力の育成と教養の向上を図るための教育機関」。1976(昭和51)年、学校教育法の一部改正で誕生しました。

 

ズバリ専修学校。文部科学省の解説

文部科学省の解説をポイントとしてまとめました

1 認可校
職業・専門的な知識と技能・規定に従った認可校
2 職業能力を育成する教育機関
実践的な職業教育、専門的な技術教育を行う教育機関。多岐にわたる分野でスペシャリストを育成
3 都道府県知事が認可
専修学校は都道府県知事の認可を受けて設置される(設置基準等を満たしている場合)

文部科学省のホームページ案内
‣ 専修学校とは


専門学校検索 ナレッジステーションの学校案内はすべて認可校
 ‣  日本の専門学校トップページ

 

 

認可校と制度

専門学校生へ適用される主な制度
通学定期
専門学校生は通学定期が利用できます

公的奨学金
専門学校生は公的奨学金の申請が可能(高等教育無償化で示されている「修学支援新制度」の対象となっています)

大学編入学
専門学校生は卒業後に大学編入学の道が拓かれています。条件は、修業年限が2年以上で総授業時間数が1,700 時間(または62単位以上)の専門学校の修了者

大学院入学資格
条件は(1) 修業年限が4年以上の学校で (2) 総授業時間数が 3,400 時間(124 単位)以上 (3) 体系的に教育課程が編成されていること (4) 試験等により成績評価を行いその評価に基づいて課程修了の認定を行っていることなどです。

人事院規則
専門学校卒業後の社会(企業)の扱いは公務員の場合だと「短大(2卒)」と同等と規定されています

 

専門学校卒業後の称号

専門士
下記の要件を満たした修了者には「専門士」称号が付与されます。
(1) 修業年限が2年以上
(2) 総授業時数が 1,700 時間 (62 単位)以上
(3) 試験等により成績評価を行いその評価に基づいて課程修了の認定を行っていること

高度専門士
下記の要件を満たした修了者には「専門士」称号が付与されます。
(1) 修業年限が4年以上
(2) 総授業時数が 3,400 時間 (124 単位)以上
(3) 体系的に教育課程が編成されていること (4) 試験等により成績評価を行いその評価に基づいて課程修了の認定を行っていること

 

専門学校の教育分野

専門学校の教育分野、職業実践専門課程などはこちらのページをご参照ください。

 

 

次は 専門学校ステップアップガイド

‣ 専門学校の情報収集方法


‣ 専門学校進学ガイドトップページ
‣ 日本の専門学校トップページ