総合・新領域

環境(工学系)学問ナビで解説
地球温暖化、オゾン層の破壊、海洋や河川・土壌の汚染、環境ホルモン、ゴミ問題など、私たちはさまざまな環境問題に直面しています。
環境(社会系)学問ナビで解説
環境問題の解決は科学や技術だけでなく、政治、経済、法律、倫理などの立場から考えることも大切です。
環境(理学系)学問ナビで解説
地球温暖化、オゾン層の破壊、生物の多様性維持や野生動植物の保護、森林の減少と砂漠化、酸性雨、海洋汚染、環境ホルモンやダイオキシンに代表される有害な化学物質など、私たちは今、さまざまな環境問題に直面しています。
国際(社会系)学問ナビで解説
「国際学」の中でも社会系は、特に国境を超えて存在する社会現象や社会問題を扱う領域です。
国際(人文系)学問ナビで解説
国際系の学問のうち、特に語学や文化など、人と人とのつながりを中心として国際社会を捉らえるのが、「国際学(人文系)」になります。
国際(法律・政治・経済系)学問ナビで解説
現在、国際社会では、飢餓や難民問題、民族間の混乱や紛争など、さまざまな問題が発生しています。
情報(コンピュータ系)学問ナビで解説
情報とは、事物や出来事などに関する知らせや資料・知識などのことです。私達は情報を伝えるために言葉はもちろん、身振り手振り、記号などさまざまな手段を使っています。
情報(社会系)学問ナビで解説
現代が「情報化社会」と言われて久しくなります。わたしたちの日常生活は書籍や新聞、雑誌、テレビ、インターネットといったマスメディアが発信する情報であふれており、個人同士も、手紙や電話に電子メールや携帯電話が加わって、情報のやりとりのあり方は大きく変わりました。
情報(生命系)学問ナビで解説
1953年、イギリスの科学者、ワトソンとクリックによるDNAの二重らせん構造の発見に端を発した遺伝子の研究や、生物の体を「分子」のレベルで捉える研究の進展は、生物や生命研究の世界に大きな変化を及ぼしました。
人間(からだ系)学問ナビで解説
人間の身体的な特徴から、人間について考えるのが「人間(からだ系)」の領域で、関連するさまざまな領域の学問から、「人間のからだ」にアプローチする領域を総合したものが「人間(からだ系)」です。
人間(社会系)学問ナビで解説
「人間は社会的動物である」と言いますが、社会を作り、ルールを作りながら協力し合って生活しているのが人間です。
人間(人文系)学問ナビで解説
人間とは何か? これは、この世界とは何か? とならぶ最も根源的な問いの1つであり、学問はこの疑問を考えることからはじまり、徐々に人間の精神活動や営みについて考える人文学、人間の作る社会について考える社会科学、自然の法則について考える自然科学に分かれていきました。