高校生のための短大進学ガイド

日本学生支援機構

国の事業だった日本育英会が前身。平成16年度に独立行政法人となり名称が変わってからも、奨学金制度のなかでは最も広く利用されています。採用人数が多く、運営母体も安定しているので、学費の準備が難しい人は、まずはこの奨学金を検討するといいでしょう。すべてのちに返済が必要な貸与制で、無利息の第一種奨学金と、年利上限3%の利息がつく第二種奨学金があります。在学中はどちらも無利息です。

第一種奨学金は、予約採用の場合、高校1年生から申込時までの成績が3.5以上、世帯年収が4人世帯の給与所得者で747万円程度以下、給与所得以外で349万円程度以下という条件があり、融資額は月額2万円~6万円となります。第二種奨学金はそれより条件は緩やかで、融資額は月額2万円~12万円となります。

採用方法は、予約採用と在学採用があり、予約採用の場合は入学の前年度の4月頃に申請して採用候補者となり、進学後に採用が決定します。利用者は卒業後に毎月少しずつ返還しますが、その返還金が次の奨学生のために使われます。