高校生のための短大進学ガイド

新聞奨学会

全国の主要な新聞社が各社独自に運営する制度で、奨学生になると学費を立て替えてもらう代わりに新聞配達員として働きながら学校に通います。新聞配達で得た給与から毎月奨学金(学費)を差し引かれた金額が給与として支払われる仕組みで、卒業後も学費を返す必要はありません。

奨学生は新聞販売所内や最寄りのアパートに無料で個室を用意してもらえ、食費も毎月2万5000円ほどを支払えば朝、夕食を支給してくれます。国民健康保険、労災保険などに加入するので、体調を崩したり、事故に遭ったときの保障も安心。こうして保護者からの援助を一切受けず、自立した生活を送りながら卒業をめざせる環境が整っています。ただし新聞配達の業務はハード。毎朝3時~6時半頃まで朝刊の配達業務があり、新聞社によっては夕刊を配ったり集金をする業務もあります。

このため勉強との両立は慣れるまでは大変でしょう。しかし、やり遂げたときの達成感、喜びは大きく、多くの先輩がこの制度を利用して進学・卒業を実現しています。

 
新聞奨学会のある短大を探す

新聞奨学会のある短大を探す