産業技術短期大学

▼ 進路 : 就職について

就職について 教職員が一体となって、あなたの「夢」をサポートします。本学は産業界が設立しているため、企業からの厚い信頼を得ており、好不況に関わらず求人社数が豊富で就職に強い大学として広く知られています。
万全の就職指導・丁寧な就職相談体制をとり、本人の希望・適性を考慮して就職を斡旋しています。また、新しい就職先の開拓を積極的に行い、就職希望者の期待に応えられるように努力しています。
卒業生は、豊かな人間性が備わり、基礎学力・技術力に優れていると各企業から高い評価を得ており、優良企業からの求人数は毎年安定しています。

主な就職先 <最近3年間の主な就職実績>
■機械工学科
大阪製鐵、カワサキロボットサービス、キッコーマン食品、クボタ機械設計、グンゼ、合同製鐵、神戸製鋼所、山陽特殊製鋼、JFE条鋼、ジャパンエンジンコーポレーション、神鋼検査サービス、住友重機械建機クレーン、住友精化、住友精密工業、住友ベークライト、ダイキン工業、大真空、中山鋼業、西日本旅客鉄道、日鉄テクノロジー、日本製鉄、ミツ精機、三菱電機システムサービス、ヤンマー

■電気電子工学科
浅海電気、尼崎市役所、鹿島建物総合管理、京セラドキュメントソリューションズジャパン、協和製作所、久米電気、合同製鐵、山陽特殊製鋼、JFE条鋼、JFEスチール、ジャパンエンジンコーポレーション、住友精化、ダイキン工業、トピー工業、西日本旅客鉄道、ニチワ電機、日鉄テクノロジー、日鉄物流広畑、日本製鉄、ニプロン、日立コンシューマ・マーケティング、三菱電機コントロールパネル、三菱電機特機システム、ヤンマー

■情報処理工学科
アスノシステム、インテックソリューションパワー、MCエバテック、大阪市高速電気軌道、金井重要工業、キッコーマン食品、近計サービス、グローリーシステムクリエイト、コベルコソフトサービス、一般財団法人滋賀保健研究センター、システム・エボリューション、システムスクエア、大真空、手原産業倉庫、日興商会、日本テクニクス、日本データコントロール、ニュートラル、富士コンピュータ、ミサキ電機、三菱電機、名南精密製作所、読売システック、レイシスソフトウェアーサービス

■ものづくり創造工学科
尼崎製罐、SYS・ヨシダ、大阪チタニウムテクノロジーズ、大阪熱処理、大阪富士工業、川崎重工業、栗田機械製作所、合同製鐵、コムラ製作所、三和機工、ジャパンエンジンコーポレーション、ジャパンペール、神鋼建材工業、神鋼検査サービス、住友電気工業、大東精機、東罐興業、日鉄テクノロジー、日本製鉄、パナソニックコンシューマーマーケティング、阪南ビジネスマシン、平井工業、フジキン、山里産業

就職関連ページ 詳細は、ホームページをご参照ください。

▼ 進路 : 進学について

進学について 4年制大学への抜群の編入学実績は、本学の大きな特徴の一つです。特に国公立大学への進学者が多いこと、合格率が高いことが特徴です。
産業技術短期大学で2年間学ぶことで、目標とする4年制大学に編入学することができます。

【2019年3月卒業生合格実績】 国公立:16名 私立:10名

主な編入学先 【国公立大学】
和歌山大学 システム工学部、岐阜大学 工学部、京都工芸繊維大学 工芸科学部、神戸大学 海事科学部、長岡技術科学大学 工学部、信州大学 工学部、富山大学 工学部、島根大学 総合理工学部、徳島大学 理工学部(現在は理工学部)、愛媛大学 工学部、九州工業大学 工学部、室蘭工業大学 工学部、北見工業大学 工学部、琉球大学 工学部、群馬大学 理工学部、佐賀大学 理工学部、大分大学 工学部、宮崎大学 工学部、静岡大学 人文社会科学部、都留文化大学 文学部
※静岡大学、都留文化大学は本学卒業後に合格したもの

【私立大学】
関西大学 総合情報学部、龍谷大学 理工学部、同志社大学 理工学部・政策学部・経済学部、関西学院大学 総合政策学部、近畿大学 工学部、大阪工業大学 工学部、摂南大学 理工学部、大阪電気通信大学 総合情報学部・工学部他、大阪産業大学 工学部・デザイン工学部、大阪学院大学 情報学部、工学院大学 工学部、東京電機大学 工学部、湘南工科大学 工学部、金沢工業大学 工学部、岡山理科大学 工学部、兵庫大学 経済情報学部、東京情報大学 総合情報学部、東京工科大学 メディア学部大手前大学 現代社会学部、関西国際大学 人間科学部、神戸芸術工科大学 芸術工学部(先端芸術学部)、千葉工業大学 情報科学部
※関西大学総合情報学部、金沢工業大学工学部他一部に2年次編入があります。

関連ページ こちらもご参照ください。

▼ 資格について

関連資格 資格に関連している講義科目を多数設けています。そしてこれらの講義科目では、資格取得に対応できるよう講義内容について配慮しています。
産業技術短期大学で目的を持って自分自身の可能性に挑戦することで、目標とする資格を取得することができます。

※各学科で取得できる資格、目標とする資格等については、「資格取得」のページをご覧ください。