KCS北九州情報専門学校

▼ 学校概要

法人名 学校法人 電子開発学園九州
学校設立 1982年
学校長 佐藤一之
学校概要 ~KCSで多彩な資格を取得して確実な就職を勝ち取ろう!~
1982年(昭和57年)の開校以来、「就職と資格のKCS」としての実績を積んできました。抜群の就職実績、多彩な資格にトライ、九州でトップレベルの合格実績を誇っています。平成30年度在校生の国家試験(情報処理技術者試験)取得者数は913名(KCS4校合同実績)。

■産業分野との直結
教育からシステム開発、研究までをトータルに行う「eDCグループ」。他の教育機関では実現できない最新技術によるIT教育や北九州のみならず全国からの求人など、入学から卒業まであなたを、グループでしっかりサポートしています。

■オリジナルテキスト
KCSのテキストはほとんどオリジナル。産学研ネットワークのメリットを活かし、各校の講師とグループ企業の技術者がチェックを重ね、つねに最新の情報を盛り込んでいます。このため実践的でわかりやすいテキストになっているのです。

■情報の総合学園36年の伝統と実績
KCSは、ますます進化し続ける情報社会に対応する、多彩なカリキュラムと充実した環境を有した『情報の総合学園』として、1982年(昭和57年)4月に設立され今日まで38年間、知識・技術はもちろん、幅広い分野において即戦力で活躍できる6,900名を超えるスペシャリストを世に送り出しています。マルチメディアやシステムのプロフェッショナルか、医療情報のプロフェッショナル、それともビジネスのスペシャリストか、KCSは個性と可能性を大切にした先進の教育で一人ひとりの夢へのチャレンジと実現をバックアップします。

■世界基準のスペシャリストを育成
KCSは、マイクロソフト社をはじめ世界的なソフトウェア企業の教育プログラムの認定を受けた専門学校です。ベンダー資格取得のための教育カリキュラムの提供や受験料割引など資格取得に有利です。ベンダー資格は、世界基準となる技術を証明する資格であり、資格取得者はスペシャリストとして各業界で活躍しています。

(この情報は学校ホームページに記載された情報から抜粋してご案内しています)