修学支援新制度(専門学校)

 

職業教育の水準の維持向上目的

文部科学省データからの引用
文部科学省では、しっかりとした進路への意識や進学意欲があれば、家庭の経済状況に関わらず、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校に進学できるチャンスを確保できるよう、令和2年4月から高等教育の修学支援新制度を実施します。


上記画像は文部科学省ホームページにあるものをナレッジステーションが保存リンクしたもの。アクセス日2020年3月15日

高等教育の修学支援新制度について(文部科学省)

 

概要

政府は、平成29年12月の「新しい経済政策パッケージ」、平成30年6月の「経済財政運営と改革の基本方針2018(いわゆる骨太の方針)」において、意欲ある子供たちの進学を支援するため、授業料・入学金の免除または減額と、返還を要しない給付型奨学金の大幅拡充により、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校を無償化する方針を決定しました。この新たな支援措置は令和2年4月から実施することになっています。

ご注意ください
高等教育無償化となるお金の範囲は限定されています。例として、施設設備費や実習費などは対象となりません。修学支援新制度詳細は志望校にご確認ください。また、日本学生支援機構ホームページもご参照ください。

‣ 詳しい資料。日本学生支援機構ホームページで

 

検索:修学支援新制度(専門学校)

全国約1,700校の検索。都道府県別整理。

 


‣ 専門学校進学ガイドトップページ
‣ 日本の専門学校トップページ