入試と出願

 

情報収集、志望校決定、出願へ

専門学校入試と出願案内

 

出願

条件や期間・願書
下記図はイメージです。出願条件、出願期間や入試選抜方法は学校によって違います。入学願書は多くの学校は案内書に同封しています(募集要項)。総合型選抜(AO入試)はエントリー期間にご注意ください

専門学校の入試出願期間

 

入試の種類

 

総合型選抜 (AO入試)

総合型選抜は学校によっては「AO入試」の名前で実施。最近は、この入試を実施する学校が増えています。合否は面接や小論文などから判定。人物評価が中心で、学校によっては学力試験を課す場合があります。学校の教育目標(アドミッションポリシー)を理解することが重要です。出願受付は他の選考より早く開始されるのが通例です。

 

学校推薦型選抜

学業成績や課外活動実績などを評価して合否を判定。高校からの推薦が必要です。 推薦は「推薦入学(入試)」と「指定校推薦(入試)」があり、指定校の場合、多くは一般推薦より出願期間が短くなっています。

 

特待生選抜 (特待生入試)

学業成績などが優秀な学生に対して入学金、学費軽減や特典を与える入試選抜です。選抜試験は面接だけ、筆記試験を課すなど学校によって異なります。学校推薦型選抜、一般選抜合格者の中から特待生を選定する学校もあります。

 

一般選抜 (一般入試)

書類選考や学科(筆記)試験、面接試験などで合否を判定します。書類選考のみで合否判定、実技試験を課すなど内容は学校によって異なります。専門学校の多くが一般選抜入試を実施しています

 

社会人選抜 (社会人入試)

社会人選抜入試はそのまま解釈すれば社会人経験のある人を対象とした入試ですが、社会人経験がなくても対象となるケースも多くみられます。

 

* 自己推薦型選抜

推薦選抜として「自己推薦型選抜」制度を設けている学校もあります。他に企業推薦、卒業生推薦などの選抜制度を設けている学校もあります。「学校推薦型選抜」(推薦入試)で検索から学校を調べ、各学校の募集要を入手(あるいは学校ホームページにアクセス)してご確認ください。

 

高校進路指導の先生に早めの相談を

総合型選抜(AO入試)で専門学校に志願する高校3年生は、進級してすぐにエントリーの準備が必要です。早めに高校進路指導または担任の先生に提出書類の準備などを相談しましょう。

 

専門学校入試検索

専門学校の入試検索

 

入試詳細・オススメは案内書の入手

専門学校案内書資料請求の方法案内
入試のことがよく分かる募集要項は多くの学校では案内書に同封されています。

 

選考料

ナレッジステーションが調査した専門学校の選考料は1万円から3.5万円のゾーンです。最も多いのは2万円です。選考料も学校によって異なります。

 

入試に関する特典など(制度)

選考料を免除または減額(割引)とする学校があります。ナレッジステーションは「学生支援・奨学金制度」項目でお得な制度がある学校をご紹介しています(検索共)

 

補足情報

ナレッジステーションの専門学校入試名称
2021年4月入学生対象から大学、短期大学はすべて入試種別名称が変わりました。専門学校は大学などと同様に「名称を変更」(A)したものと「これまでの名称を引き継ぐもの」(B)と混在しています。ナレッジステーションの専門学校入試情報は2022年10月1日現在、それぞれを併記しています (詳細)。

 

 

目次


専門学校とは
専門学校検索と情報収集
学校案内書入手と資料請求
学校説明会/オープンキャンパスに参加
専門学校の入試と出願
専門学校で学ぶ費用
専門学校の学生支援・奨学金制度
専門学校の教育分野


トップページに戻る

専門学校進学ガイドトップページ
日本の専門学校トップページ