東北大学大学院

▼ 学校基本情報

ホームページ 東北大学大学院のホームページ
学校区分 国立 大学院
所在地 宮城県 仙台市 青葉区片平2-1-1
電話番号 022-717-7800

▼ 研究科専攻情報

研究科 専攻名 教育課程 履修課程 専門職大学院
文学研究科 文化科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
文学研究科 言語科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
文学研究科 歴史科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
文学研究科 人間科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
教育学研究科 総合教育科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
教育学研究科 教育設計評価専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
法学研究科 法政理論研究専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
経済学研究科 経済経営学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
理学研究科 数学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
理学研究科 物理学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
理学研究科 天文学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
理学研究科 地球物理学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
理学研究科 化学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
理学研究科 地学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
医学系研究科 医科学専攻 昼間部 修士課程・博士後期課程   
医学系研究科 障害科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
医学系研究科 保健学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
医学系研究科 公衆衛生学専攻 昼間部 修士課程   
歯学研究科 歯科学専攻 昼間部 修士課程・博士後期課程   
薬学研究科 分子薬科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
薬学研究科 生命薬科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
薬学研究科 医療薬学専攻 昼間部 4年制博士課程   
工学研究科 機械機能創成専攻 昼夜開講制 博士前期・後期課程   
工学研究科 ファインメカニクス専攻 昼夜開講制 博士前期・後期課程   
工学研究科 航空宇宙工学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 量子エネルギー工学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 ロボティクス専攻 昼夜開講制 博士前期・後期課程   
工学研究科 電気エネルギーシステム専攻 昼夜開講制 博士前期・後期課程   
工学研究科 通信工学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 電子工学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 応用物理学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 応用化学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 化学工学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 バイオ工学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 金属フロンティア工学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 知能デバイス材料学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 材料システム工学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 土木工学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 都市・建築学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
工学研究科 技術社会システム専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
農学研究科 資源生物科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
農学研究科 応用生命科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
農学研究科 生物産業創成科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
国際文化研究科 国際文化研究専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
情報科学研究科 情報基礎科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
情報科学研究科 システム情報科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
情報科学研究科 人間社会情報科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
情報科学研究科 応用情報科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
生命科学研究科 脳生命統御科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
生命科学研究科 生態発生適応科学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
生命科学研究科 分子化学生物学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
環境科学研究科 先進社会環境学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
環境科学研究科 先端環境創成学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
医工学研究科 医工学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
教育情報学教育部 教育情報学専攻 昼間部 博士前期・後期課程   
法学研究科 総合法制専攻 昼間部 専門職学位課程  法科大学院
法学研究科 公共法政策専攻 昼間部 専門職学位課程  公共政策系
経済学研究科 会計専門職専攻 昼間部 専門職学位課程  会計大学院

分類・表記説明

専門職大学院の分類・表記は、Knowledge Stationの基準に拠るものです。