▼ 支援制度テーブル

制度名 適用
学校独自の奨学金制度(給付型)
学校独自の奨学金制度(貸与型)
入学金学費減免制度(全額または一部)
特待生制度
記号 「」:対象制度あり 「 」:対象制度なし

▼ 支援制度備考

支援制度備考 本学では経済的負担を心配する学生をサポートするために、多彩な各種奨学金制度を設けています。
学金には、返還義務のない「給付制」と返還義務のある「貸与制」があります。
本学では学生が学修に専念できるよう、本学独自の奨学金において、給付制の奨学金を多数設けています。

【受験生支援のための奨学金】

■京都文教大学入学試験成績優秀者奨学金(給付)・・入学金を除く前期学費(授業料・教育充実費)より25万円を減免

■災害救助法適用地域で被災した受験生に対する支援奨学金(減免)・・受験年度において災害救助法の適用を受けた地域にお住まいの受験生に対して、経済的負担を軽減し、進学の機会の確保を図る観点から入学時納入金の減免措置があります。

【在学生支援のための奨学金】

■成績優秀者奨学金(給付)・・本学独自の給付奨学金で、2年次生~4年次生を対象として前年度までの学業成績により選考されます。給付額は、25万円です。

【経済的支援型の奨学金】

■指月奨学金(給付型)・・本学独自の給付奨学金。2年次生より標準修業年限(給付は3年間)まで給付。各学年3名。半期毎に12万円支給。大学1年次の成績と家計状況をもとに総合的に判定。1年次生対象に2月下旬(予定)に募集を行います。

■京都文教大学教育後援会奨学金(給付型)・・不測の事態が生じたために、学費の支弁が著しく困難となり、就学の意志があるにもかかわらず、退学または休学を余儀なくされる学生に対して、本学教育後援会により学業の継続を支援するために制定。当該学期の授業料及び教育充実費相当額の2分の1(30万円)を学費と相殺して給付、在学中2回まで支援する制度です。

■プラバー奨学金(給付型)・・京都文教学園創立100周年記念事業の一環として、京都文教学園生支援を目的に寄付金を勧募し、家計急変等経済的な理由により卒業が困難になった学生を支援するためにつくられた奨学金です。奨学期間は卒業直近の半年間で、奨学金の上限は当該学期の授業料及び教育充実費です。

他にも京都文教大学プラバー奨学金、中信育英会奨学金、 京信榊田喜三記念育英会奨学金、浄土宗奨学金、日本学生支援機構の奨学金、民間・地方公共団体等奨学金などがあります。

▼ 制度に関する大学ホームページ案内

▼ 日本学生支援機構ホームページ案内

関連情報:奨学金支援制度