聖学院大学

▼ 学部学科情報

学部 学科名 教育課程 学問系統と大学一覧
政治経済学部 政治経済学科  昼間部  政治学  経済学  国際(法律・政治・経済系)  
人文学部 欧米文化学科  昼間部  文化人類学  外国語  歴史学  
人文学部 日本文化学科  昼間部  日本文学  歴史学  文化人類学  
人文学部 児童学科  昼間部  児童学  心理学  福祉学  
心理福祉学部 心理福祉学科  昼間部  福祉学  心理学  環境(社会系)  

▼ 学部学科備考

学部学科備考 聖学院大学の学部教育の特色は、専門教育はもちろんのこと、どの学部学科に所属していても、各学部が提供する専門基礎科目を広く学んでいくことができますので、専門性と幅広い教養を身に付けることができるということです。

■政治経済学部
◎政治経済学科
【多様な角度から政治・経済に総合的にアプローチし、比較を通して国際社会への理解を深める】
「経営コミュニケーション」「政治経済」「まちづくり」をテーマに分類された科目群の中から、ひとりひとりの興味や将来構想に合わせた授業科目を教員と一緒に考え、学びます。
授業科目と連動した「ゼミ」も、入学直後から卒業学年まで配置され、全員が参加して、学生の研究を応援しています。
公務員を目指す学生のための「公務員試験対策プログラム(無料)」では、さまざまな支援を実施。中でも公務員特講・公務員演習・公務員講座・公務員講座演習の4つの科目については、正規の卒業単位として認定。正規科目のため受講料無し。少人数クラス指導で学生の負担を少なくし徹底したサポートを行います。

■人文学部
◎欧米文化学科
【異文化理解とグローバルコミュニケーションを軸に、多様な価値観を養う】
自分とは異なる文化を理解、尊重し、世界を視野に入れて行動できる「身近な国際人」を育成。「海外企業インターンシップ」「コミュニティ・カレッジ留学」「国際ボランティア入門」という独自のプログラム、小学校英語指導者資格が取得できる児童英語教育も充実しています。
国際的なコミュニケーション能力を身につけることが学科の目標のひとつです。「グローバル文化コース」と「グローバル・コミュニケーションコース」という2つのモデルコースを選択することができます。英語以外の外国語や、さまざまな社会問題の文化的、歴史的背景を学ぶことで、世界の「今」を広く深く把握していきます。

◎日本文化学科
【日本文化をグローバルな視点から再発見し、世界に発信。実体験することで、日本文化への理解を深める】
「日本文化」を日本という内側の視点で考察するだけでなく、アジアや欧米という外側からも考察します。古典文学から現代日本のポップカルチャー、日本史の研究や中国文学、さらには文化の社会学まで、魅力的な講義を少人数で受講できるほか、落語、生け花や盆栽など体験型の授業も履修可能です。
2年次、3年次の学生がともに学びあえる複合学年ゼミとなっています。ここでは、先輩・後輩間で助言し、助言される関係が生み出され、自然に「面倒見」が発揮されます。助言される側がいつしか助言する側となり、「面倒見の良い先輩」へと成長していきます。

◎児童学科
【子どもの世界を理解し、子どもに寄り添い、未来を生きる「先生」を育てる】
児童学科では、特別支援教育と児童英語教育を新たに加えて、幼稚園、小学校、特別支援学校教諭、保育士、児童相談員など、育てる人材として、子どもに寄り添い未来を生きる人を養成します。
「保育・教育」「特別支援教育」「心理」「児童文化」「児童福祉」「キリスト教教育」の6領域で専門性を高めます。児童英語教育実践の理論と方法を学べ、小学校の英語教育に対応可能な人材も育成します。

■心理福祉学部
◎心理福祉学科
【人々に寄り添い支える人材を育成する】
2018年4月から「心理福祉学部心理福祉学科」がスタート。心理福祉学科では、社会と文化、人間の心理について幅広く学ぶ学科です。人を理解する「心理学」と社会を理解する「社会福祉学」の専門知識をもって総合的に支援できる人材を育てます。カリキュラムには、現代人の心の問題、現代社会の福祉的課題への理解が深められる科目を豊富に用意し、一人ひとりの学生の希望と適性に合ったきめ細かな学習指導を行います。
心理や福祉の現場に実際に足を運ぶことは、教室の学びをより実践的な理解に繋げる機会になります。学習と研究、体験ができる環境を用意。現場の活動から感じ、そして学び、人間と社会についての理解をより一層深めます。

▼ 大学へのお問い合わせ

連絡先 アドミッションセンター
電話 048-725-6191
FAX 048-725-6891
電子メール pr@seig.ac.jp
聖学院大学のホームページをご覧になる時はこちら(学校基本情報に掲載)からご利用ください。