学ぶ意欲がありながら、経済な理由によって進学が困難となっている学生に対して、短大では、いろいろな支援制度を設けています。また、短大独自の奨学金・特待生制度以外にも地方公共団体、民間育英団体の各種奨学制度、新聞奨学会などによる支援制度があります。「日本の短大」では、全ての短大で扱われる「日本学生支援機構」を除いた下記の5つの特徴から短大を案内しています。
※ここで紹介するのは「日本の短大」に情報をお寄せいただいた短大が対象です。全ての短大の情報を掲載しているわけではありません。あらかじめご了承ください。
1 特待生制度を採用している短大
  特待生制度とは、優れた学力や運動・芸術方面の能力がありながら、経済的な理由で進学を断念せざるをえない受験生をサポートする制度です。学校によって援助の方法はさまざまで...。
  特待生制度/用語解説
2 学校独自の奨学金制度(給付)を実施している短大
  進学を希望しながら経済的な問題を抱える人のために支給される奨学金で、卒業後に返還の必要のないものが「給付」です。成績があるレベル以上を満たしていながら経済的に学費の支払いが...。
  学校独自奨学金(給付)/用語解説
3 学校独自の奨学金制度(貸与)を実施している短大
  貸与となる奨学金制度は、給付と違って、卒業後に返還の必要がありますが、卒業後10年以内とか20年以内とかで緩やかに返済するものが多いようです。...
  学校独自奨学金(貸与)/用語解説
4 新聞奨学会の奨学制度を利用できる短大
  主要な新聞社が各社独自に運営する制度で、学費を立て替えてもらう代わりに新聞配達員として働きながら学校に通います。新聞配達で得た給与から毎月奨学金(学費)を差し引かれた金額が...。
  新聞奨学会/用語解説
5 その他の奨学金制度がある短大
  特定の学問分野や将来の職業、宗教等に関係する学生に対して支給される奨学金もあります。看護師や理学療法士、作業療法士などを目指す学生に対して、奨学金を貸与する自治体等も...。
  その他の奨学金/用語解説
関連おすすめ情報:短大の支援制度

用語解説支援制度に関係する用語解説

条件検索複数の条件から短大を探す時に便利です