高校生のための大学進学ガイド

(1) 卒業と同時に資格を取得 
資格名 主な学問系統 備考(取得条件など)
小学校教諭1種 教育学 教員養成課程で学ぶのが基本
中学校教諭1種 教育学 教員養成課程以外でも教職課程の履修で取得できる
高等学校教諭1種 教育学 教員養成課程以外でも教職課程の履修で取得できる
特別支援学校教諭1種 教育学 中学又は高等学校教諭の普通免許状授与資格を有することが条件
養護教諭1種 教育学看護学 教員養成課程で学ぶのが基本
幼稚園教諭1種 児童学教育学 教職課程の所定学科を履修
保育士 児童学教育学 保育士資格に必要な単位を修得
児童福祉司(任用) 心理学教育学社会学 心理学、教育学若しくは社会学を専攻する
司書教諭(任用) 教育学 教諭免許を有する者が講習を受講後取得
司書 情報(社会系) 大学で司書や図書館に関する科目を履修。または司書講習を受講
学芸員(任用) 考古学情報(社会系) 学士の学位を有し、大学において指定の博物館に関する科目の単位を修得した者
測量士補 土木工学 測量に関する科目を修めて卒業した者
社会福祉主事(任用) 福祉学 社会福祉関連の指定科目を3科目以上履修
栄養士 食物学 厚生労働大臣が指定した大学において栄養士として必要な知識及び技能を修得
食品衛生管理者(任用) 医学歯学薬学獣医・畜産学水産学農芸化学 医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学の課程を修めて卒業した者
(2) 卒業と同時に受験資格を取得 
資格名 主な学問系統 備考(受験資格など)
税理士 商学経済学 法律学または経済学に関する科目を1科目以上履修し卒業した者など
アクチュアリー 商学経済学経営学 大学卒業者(もしくは同等の学力があると認められた者)に1次試験受験資格
1級自動車整備士 機械工学 2級自動車整備士に合格し、国土交通省が認定する大学で1級課程を修了した者など
2等航空整備士 船舶・航空宇宙 国土交通省が認定した養成機関で学ぶ
航空管制官 船舶・航空宇宙 航空管制官採用試験に合格後、航空保安大学校で6ヵ月の研修
2級建築士 建築工学 建築学科を卒業。土木学科では実務経験1年以上
木造建築士 建築工学 建築学科を卒業。土木学科では実務経験1年以上
獣医師 獣医・畜産学  
医師 医学  
歯科医師 歯学  
看護師 看護学  
保健師 看護学 看護学科卒業後、養成施設(6ヵ月以上)を卒業
助産師 看護学 看護学科卒業後、養成施設(6ヵ月以上)を卒業
薬剤師 薬学  
はり師 医学スポーツ・健康科学  
きゅう師 医学スポーツ・健康科学  
理学療法士 リハビリ・放射線・臨床検査等  
作業療法士 リハビリ・放射線・臨床検査等  
視能訓練士 リハビリ・放射線・臨床検査等  
臨床検査技師 リハビリ・放射線・臨床検査等  
臨床工学技士 リハビリ・放射線・臨床検査等  
義肢装具士 リハビリ・放射線・臨床検査等 義肢装具士養成所に認定された大学を卒業した者
診療放射線技師 リハビリ・放射線・臨床検査等  
言語聴覚士 リハビリ・放射線・臨床検査等  
介護福祉士 福祉学 2014年4月入学生より指定の養成施設において必要な知識及び技能を修得した人も国家試験の受験が必要
社会福祉士 福祉学 厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業した者
精神保健福祉士 福祉学医学 大学で、保健・福祉系の指定科目を履修
国家公務員1種 学問系統に関係なし  
警視庁警察官 学問系統に関係なし 受験資格は年齢や学歴によって分かれ、大学卒業者は1類が該当
東京消防庁消防官 学問系統に関係なし 受験資格は年齢や学歴によって分かれ、大学者は専門系と1類が該当
裁判官 法学 法科大学院修了者、もしくは司法試験予備試験に合格した者に受験資格。2011年まで実施される旧司法試験では、大学の一般教養科目修了者等は、第1次試験免除
弁護士 法学 法科大学院修了者、もしくは司法試験予備試験に合格した者に受験資格。2011年まで実施される旧司法試験では、大学の一般教養科目修了者等は、第1次試験免除
検察官 法学 法科大学院修了者、もしくは司法試験予備試験に合格した者に受験資格。2011年まで実施される旧司法試験では、大学の一般教養科目修了者等は、第1次試験免除
(3) 所定の単位を取得すると受験資格が得られるもの
資格名 主な学問系統 備考
社会保険労務士 学問系統に関係なし 一般教養科目(62単位以上)を修得した者
(4) 卒業後一定の実務経験で資格の得られるもの
資格名 主な学問系統 備考
測量士 土木工学 測量士補として1年以上の実務経験
管理栄養士 食物学 修業年限が4年である管理栄養士養成施設を卒業して栄養士の免許を受けた者。1年の実務経験を積んで受験
(5) 卒業後一定の実務経験で受験資格の得られるもの
資格名 主な学問系統 備考
1級建築士 建築工学土木工学 実務経験2年以上
建築設備士 建築工学土木工学 実務経験2年以上
不動産鑑定士 経営学法学 不動産鑑定士補から1年の実務補習、3次試験を合格して登録
作業環境測定士 環境(理学系)環境(工学系) 実務経験1年以上
(6) 受験資格の制限なし
資格名 主な学問系統 備考
通関士 商学  
公認会計士 商学 会計専門職大学院の修士(専門職)学位取得者等は一部の試験が免除
中小企業診断士 経営学  
土地家屋調査士 建築工学土木工学法学 測量士(補)、1・2級建築士の資格を既に取得している場合は筆記試験の一部が免除
不動産鑑定士補 経営学法学  
気象予報士 学問系統に関係なし  
司法書士 法学  
行政書士 法学  
弁理士 法学  
刑務官 学問系統に関係なし 受験資格は試験実施年度の4月1日現在、17歳以上29歳未満の日本国籍を有する者
医薬品登録販売者 薬学経営・事務系(医療系) 大学卒業等といった受験資格の制限はないが、一定の実務経験が必要
医薬情報担当者(MR) 薬学経営・事務系(医療系) 製薬会社の導入教育や教育研修施設の基礎教育の受講が必要
ホテルビジネス実務検定試験(H検) 観光学  
 
※その他、情報処理技術者、秘書技能など数多くの資格が該当します。詳しくは「資格ガイド」をご参照ください