高校生のための大学進学ガイド

大学情報収集~これから大学進学を考える時

大学進学を考える時、最初の行動は情報収集です。高校生の場合、大学の情報収集方法は下記図のように(1) 高校の授業(進路)や進路指導室にある資料から得ています。高校によっては「進学ガイダンス」(大学等の広報担当者が高校に出向いて説明を行う)も行われています。

情報収集として増えているのは(2) インターネットです。GoogleやYahooなどでいろいろな検索(気になるキーワードを入力)すると、多くのことを知ることができます。学校、進学専門サイトも多く、受験生の知りたい情報を気軽に入手できます。ナレッジステーションは代表的なサイトの一つです。どうぞご利用ください。

従来からの主要な情報とされるのが(3) 学校案内専門誌です。有料のものと無料のものがあります。無料誌の入手方法は高校進路指導の先生に依頼しましょう。

図の(4) 街の中は進学に関係するイベント行事を意味します。「進学相談会」は全国主要都市で開催されています。イベントは民間の学校広報会社が運営するものが多く、複数の大学が参加しているので同時にいくつかの大学の話を聞いたり、資料を手にすることができます。また、進路全般の情報を入手することも可能です。

テレビやラジオ、先輩や両親、親戚などから学校のことを知ることもあるでしょう。図の(5) その他の方法です。

大学情報収集~学部学科選びのポイント

大学選択のアプローチはいろいろな方法があります。入試難易度や入試科目から学部を選ぶこともありますが、自分のライフスタイル(将来の自分の夢)を考えて選ぶことが重要です。「何を学びたいか」「将来の就きたい仕事は何か」「どんな社会生活を営みないか」などから大学を撰んで情報を入手しましょう。「大学の学び」は具体的には「学部や学科」情報です。範囲を広げて調べる場合は「学問分野」「学問系統」から調べます。「平成27年度学校基本調査」(文部科学省)の「学部別高校卒業年別入学志願者数」から大学の学部数を数えると、国立大学は88、公立大学94、私立大学388となっています。

ナレッジステーション、日本の大学でお探しください

「日本の大学」では、「学問分野」「学問系統」をはじめ「学部」などからも全国の大学を探すことができます。入試特徴や奨学金支援制度などから調べることも可能です。(下記画像はナレッジステーションのPRです)

 
ナレッジステーション