学問分野系統別大学一覧,gkbn_code,
ニュース&話題 オープンキャンパス 動画情報 過去入試問題 特集情報 テーマ別情報 ガイダンス 大学資料請求
キーワード
| 検索ヘルプ |
目的別検索 学問系統 入試特徴 支援制度 地域・都道府県 校名50音 条件/逆引き検索
ナレッジステーション > 日本の大学 > 学問理解おすすめ本 > 保健 > リハビリ・放射線・臨床検査等 > ようごがっこうの...
       
   

印刷用画面

 
学問理解おすすめ本

■ リハビリ・放射線・臨床検査等

▼この学問分野の他の系統を読む
 
ようごがっこうの造形活動から―もうひとつのアート
ようごがっこうの造形活動から―もうひとつのアート

ようごがっこうの造形活動から―もうひとつのアート

本書に登場する「かれら」とは、発達障害がありいわゆる普通学校ではなく養護学校で学んでいる子ども達のことである。1ページ、1ページに色とりどりの写真で紹介されている作品や製作中の「かれら」の顔は、実に活き活きとしており、作品をつくることが目的ではなくその行為そのものを喜んでいることが良くわかる。
作業療法の「作業」という言葉について、「手芸・工作」などの諸活動と説明している文章が多く見られる。このことは間違いではないのであるが、このHPに出会った皆さんは「Occupy」という言葉を同時に覚えて欲しい。「作業療法」とは「Occupational Therapy」という英語を日本語に訳したのだ。語源としては日本語の「作業」を紐解くよりも「Occupy」のほうが理解しやすい。「時間的にも空間的にも占める」ことを「Occupy」という。まさに熱中することが「Occupy」でありその媒体として「作業活動」がある。
書籍の紹介に戻るが、「一所懸命になにかに打ち込んでいるとき」それは、障害があってもなくても、自分の存在を忘れる瞬間が訪れる。その瞬間こそが「Occupy」している瞬間であり、本書の「かれら」の表情からよみとることができる。
障害があるから、といって自分が自分らしく生きていくことをあきらめる必要は全くない。障害があるから環境の調整や代償手段を用いる必要がでてくるだけである。そのことを、身体的に精神的に支えていく専門職が作業療法士であることをおもいながら手にしていただきたい一冊である。

書評執筆者

先生のお名前 谷口 敬道 (たにぐち たかみち)
所属 / 役職名 国際医療福祉大学 保健医療学部作業療法学科 教授
関連ホームページ

国際医療福祉大学 保健医療学部作業療法学科

おすすめ本は購入が可能(1,500円以上の場合送料無料)→ amazon.co.jp