学問分野系統別大学一覧,gkbn_code,
ニュース&話題 オープンキャンパス 動画情報 過去入試問題 特集情報 テーマ別情報 ガイダンス 大学資料請求
キーワード
| 検索ヘルプ |
目的別検索 学問系統 入試特徴 支援制度 地域・都道府県 校名50音 条件/逆引き検索
ナレッジステーション > 日本の大学 > 学問理解おすすめ本 > 保健 > リハビリ・放射線・臨床検査等 > 忘れても、しあわ...
       
   

印刷用画面

 
学問理解おすすめ本

■ リハビリ・放射線・臨床検査等

▼この学問分野の他の系統を読む
 
忘れても、しあわせ 認知症の義母と暮らして (角川文庫)
忘れても、しあわせ 認知症の義母と暮らして (角川文庫)

忘れても、しあわせ 認知症の義母と暮らして

これは平成6年から認知症の症状が出現した、ご主人の母親との生活を描いた本である。認知症がまだ「痴呆」と呼ばれており、介護保険も施行されておらず、世間には知られたくない病気の代表だったころの奮闘紀と言える。認知症の発症の様子や経過が作者のもと子さんの細やかな記録から手に取るようにわかり、患う本人の孤独や不安が臨場感たっぷりに読み取れる。サービスもままならない中での試行錯誤が、実を結ぶまでが事細かにわかる。愛情あふれる内容と文章は時々思わずほろりとさせられる。もと子さんのお義母さんへのかかわりは、大変適切なものだということにも驚かされる。もと子さんの対応はまさに作業療法そのもの。作業療法士だってここまで上手に対応できないかもしれない。
高齢社会日本は認知症の問題とは切っても切り離せない。作業療法士の認知症に対する役割も重要になり、今後はもっともっと求められていく。将来、作業療法士になりたい、高齢者に関わりたいと思っている皆さんにぜひ勧めたい一冊である。

書評執筆者

先生のお名前 谷口 敬道 (たにぐち たかみち)
所属 / 役職名 国際医療福祉大学 保健医療学部作業療法学科 教授
関連ホームページ

国際医療福祉大学 保健医療学部作業療法学科

おすすめ本は購入が可能(1,500円以上の場合送料無料)→ amazon.co.jp